街で見かけたちょっと便利なデザイン

日曜日担当の高澤です。

新宿駅東口のとある銀行にあるATMの台座にこんなものがありました。

これなんだろうと思ったら,雨の日に傘の取っ手を引っかけて両手を自由にするものなのですね。
ユニバーサルデザインって,とかく体が不自由な方のためのものっていう認識に陥りがちですが,本来はこのように誰もが使いやすいということを念頭に置くべきだと思っています。

それはとても難しいことなのかもしれませんが,いつかこういうデザインも企画できるようになりたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「街で見かけたちょっと便利なデザイン」への1件のフィードバック

  1. 2011年2月27日の日本経済新聞の特集で、坂本先生の著作物が紹介されていました。紹介した方は、西水美恵子元世界銀行副総裁。
    「ブータンの考え方は、坂本光司教授の著書「日本でいちばん大切にしたい会社」で取上げた中小企業の経営理念と同じだ」。社員と家族を経営の目的にしている。社員と家族を国民に置き換えるとCNHの考え方と一致する。
    福岡県中小企業家同友会異業種交流会世話人松崎一海
    http://blogs.yahoo.co.jp/soho21k_matu