『人を大切にする経営大学院(EMBA)』が開塾されました。

会場をお借りしているパソナキャリアの渡辺尚社長の昨日の投稿を写真と合わせて転載させていただきます。

会場は、東京駅前、会場のビルを合わせて地下街には著名な庶民にも手が届くお店も多い。
近くのビルの13階にはパソナさんの大手町牧場もある。

新丸ビル14階の弊社オフィスにて私が尊敬する坂本光司先生が主催する
この講座は、毎月1度金曜日午後から土曜日で開催され、坂本先生および、坂本先生の本に登場するような素晴らしい経営者が続々と講師で登場します。

人を大切にする経営について1年間かけて学び、受講生同士も切磋琢磨する事が出来る貴重な機会です。
実は私も一部の講義を持つ事になっていますが、謙虚に一緒に学ばせていただきたいと思っています。

◆人を大切にする経営大学院(EMBA)とは・・・
ベストセラー『日本でいちばん大切にしたい会社』の著者である、元法政大学大学院・坂本光司教授は
2014年に「人を大切にする経営学会」を設立以来、人を大切にする経営学を広めるために活動を行ってきました。
本経営学会は理事として私も参画しております。
今回開塾する「人を大切にする経営人財塾」は、
社員をはじめ、関係者(取引先、顧客、地域社会)の幸せを目的とした経営ができる
経営者・及び次期経営者を育てることをねらいとしています。

期間:2018年4月~2019年3月
   (毎月2日間 ×12回 計24日間)
講師:坂本光司塾長
  「日本でいちばん大切にしたい会社」大賞の受賞企業の経営者
   同賞の審査員を務める士業等の専門家
講義内容:実学と理論の融合したプログラム(座学・討議に加えて、優良企業への現地研究含む)
     C:\Users\mikeno\Desktop\大学院大学カリキュラム.pdf

講師の日本レーザーの近藤社長のコメント。
会場を提供してくださっているパソナキャリの渡辺社長に大変感謝しています。入塾式(開校式)に続く、トップバッターとして、「ワクワクとした企業風土で、社員がイキイキとして働くために」~進化した日本的経営の理念と実践~と題して、3時間の講義を行いました。

「3日分の内容を3時間で話すなって無理だよ」と、坂本光司先生からお叱りを受けました(笑い)。
実際いつも以上の早口でお話致しましたが、これまでの書籍や、雑誌記事や、講演では触れていない内容で、多くの方から、「何回も近藤さんの話を聞いてきたが、今回初めて腑に落ちました」と感想をいただきました。

私自身も、『人を大切にする経営大学院(EMBA)』に出席して、多くのことを学べる幸せを感じています。

第1回の二日目の午前の今は赤岩 茂先生の名講義を伺っています。午後からは塾長の坂本先生の最初の講義を楽しみにしています。

当社から参加している女性課長の橋本も多くの異業種のトップや幹部のかたとの交流で成長すると確信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です