中小企業の海外展開支援と地域金融機関との連携

中小企業の海外展開支援と地域金融機関との連携

金曜日は少々硬い記事が続きますが、ご容赦ください。

優れた技術や製品を持つ中小企業の中には、自社の技術等が高品質
高付加価値商品であることだとは気づかず、
お客様のために日々努力をし、進化を続けている企業が、
日本には数多く存在する。
そのような企業を支援すべく、坂本教授は全国各地を巡り、
自分の足で現場に行き目で確認し、
日本が誇る「大切にしたい会社」を現在も探している。
それでも教授は全ての企業を見ることはできないと言う。
では、どうすれば1社でも多くの「大切にしたい会社」を
見つけることができるのか?
その一つにJICA(独立行政法人国際協力機構)と
地域金融機関が連携し日本の優れた技術等を持つ、
中小企業の海外展開をサポートし、
途上国の開発・発展と日本の地域活性化を図る事業を
行なうための連携がある。
現在、協力機関60行以上、覚書を締結した金融機関は、
信金では(帯広・岐阜・磐田・京都・京都中央・尼崎・)
地方銀行では(青森・岩手・七十七・秋田・北都・荘内
山形・常陽・筑波・栃木・群馬・東和・千葉・第四・
北國・福井・山梨中央・八十二・十六・静岡・清水・
中京・名古屋・第三・滋賀・南都・鳥取・阿波・百十四・
伊予・愛媛・四国・山口・大分・宮崎)
沖縄振興開発金融公庫
https://www.jica.go.jp/topics/2017/20170828_01.html
となり、全国で金融機関とjicaが連携して支援する仕組だ。
また、jicaが2015年に行なった調査では、jicaの中小企業支援を受け
海外ビジネス展開を継続している企業のうち、
「新たな取引先・顧客の確保」を実現した法人は106件のうち
67件(63%)あることがわかった。

本気で地方の金融機関が、優れた技術等をもつ中小企業の支援を
行なえば、地方の企業がもっと元気になるのでは?
 (金曜日担当 吉田)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です