おもてなし経営vol.2

【おもてなし経営vol.2 】

ゴールデンウィーク真っ只中ですが、
皆さん、楽しくお過ごしでしょうか。

さて、私は坂本光司先生の著書
「日本で一番大切にしたい会社」
(あさ出版よりシリーズ1~4刊行)を
読み、実在する日本企業の在り方に
深く感動した1人です。

人を大切にする会社を広める
坂本先生の下で学び、
自らも調査研究したいと
この4月に大学院に入りました。

入学して1か月経った今は、
その思いが一歩進んで、
全身全霊で人生をかけて「世直し」に励む
坂本先生の企業研究のお役に立ちたいと
考えるようになりました。

私自身は普段、
ラジオのパーソナリティーを務め、
音楽番組などを担当したり、
講演で好感度アップの話し方を
提案したり、しています。

モチベーションアップや
笑顔とプラス発想の対話力が専門ですが、
今後は、それに加え、大学院で
調査研究した人にやさしい、
おもてなし企業を広めることで、
社会に小さな一石を投じたいと
思っています。

知られていないだけで、魅力的な会社は
きっと、山ほどあると信じています。
それを発掘して、世に広めることは
日本全体が変わるきっかけになるかもしれません。

たとえば、日本には法定雇用率が
定められていて、
障がい者を雇用する義務があります。
昨年(平成25年)4月に改定されて、
その割合は全体雇用の2パーセント以上が
義務付けられています。

これを満たさない場合
どうなるかといえば、
当然、罰金を支払うことになるのですが、
雇用しようと工夫や努力をせずに
お金で解決している企業もあるのが
実情です。

そんな中で、
前述の「日本で一番大切にしたい会社」
(坂本光司著・あさ出版)で紹介
されている企業は本当に素晴らしい。

障がい者を積極的に雇用し、
元々の製造ラインに人を合わせる
のではなく、
製造の仕組み自体をしっかり見直し、
根本から人にやさしい働き方に変えたり、

障がい者の働く意欲が高まるように
その人にあった仕事、やりがいを与え、
ほめて伸ばす、認め合う働き方を続けていたり、
その上で、しっかり利益を出し、
国の補助金にも頼らずに
基準以上の給料を支払っている会社が
あるのです。

そんな素晴らしい企業を訪問すると
「一歩、中に入った瞬間、空気が違う」と
坂本先生は嬉しそうに言います。

とても、すがすがしい、
澄んだ空気なのだとか。
あー私も早く、そんな企業を訪れ、
五感を研ぎ澄まし、心でしっかり感じたい。

そして、いよいよ、
来週の土曜が私にとって
初めての企業訪問です。

というわけで、
来週日曜の坂本ブログでは
企業訪問した会社について
書きたいと思っています。

きょうも最後までお付き合い、
ありがとうございました。
それでは、週末もハッピースマイルで
お過ごしください。

M1福満景子

村田光生 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「おもてなし経営vol.2」への1件のフィードバック

  1. 福満さん
    こんにちは!
    これからの数年間、坂本ゼミでの活動よろしくお願いします。
    それと広報での大活躍も期待していますよ~!