鎌倉投信と坂本銘柄 株式投資収益率

法政大学院 修士1年 投資家 根本幸治です。

先週、「NHK プロフェッショナル仕事の流儀」を情宣させていただきました。
すると大きな反響がありビックリ!新井和宏さん自身は驚天動地だったのでは?

再放送が今晩深夜(16土曜午前1:10)にあります。
なので、今週も鎌倉投信ネタをお送りします。

坂本光司先生は中小企業(非上場)を中心に7000社以上を調査し、
300社程を著書などで「いい会社」として紹介されています。

鎌倉投信の投資銘柄47社の内、2割がこの坂本銘柄です。

坂本ゼミ生にはおなじみの”いい会社”ですが、
果たして株式投資成果はどのようなものか、検証してみましょう。

2015年3月末株価を共通の期末価格として
1年前、2年前、3年前の株価で割った投資収益率を計算(非年率)しました。

              過去1年  過去2年  過去3年 単位%
鎌倉投信(47社平均)   15     25      44
アニコムホールディング  151   104     317
マニー             103    162     190
エフピコ             35     39      65
ヤマトホールディング    25      59    124
ツムラ              20    -15     24
未来工業           17     49      85
エーワン精密        10     25     24
フェリシモ            2     -8    ー10
養命酒製造            1      21    26

銀行預金が0%ですからリスクある投資は面白い。  
参考として、鎌倉投信組入れ銘柄の中で有名な会社の投資収益率は
              過去1年  過去2年  過去3年間 単位% 
亀田製菓          60      92      218
カゴメ             7       5       15
小林製薬         -11     -42      55
ライフネット生命     -15     -56   ー71        

坂本ゼミでは、株主満足度よりも社員や取引相手の満足度を優先し評価します。
坂本ゼミの”いい会社”が結果的に株主満足度をあげることを、私が示していきます。

村田光生 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

「鎌倉投信と坂本銘柄 株式投資収益率」への2件のフィードバック