らっきょう

野口具秋です。

久しぶりに、らっきょうを漬けています。
800gです。多いのか少ないのか分りません。
前回は皮を剥きすぎ、痩せこけてしまった。
試食が好きなワイフ殿は時間があれば
頻繁に出来具合をチェックしています。
漬けあがるころには大方食べ尽くす可能性もあり、
出来栄えより残り具合が心配になります。

梅の実がなる季節がやってきます。
子供のころは、どの家庭でも梅干しを漬けました。
大きな梅干しが鎮座する
日の丸弁当は日常の風景でした。
昔ながらの塩がたっぷり利いた梅干しは希になり、
塩分少なく蜂蜜が混入していて、愕然とします。
手作りの本物の梅干しを届けてくれたTさん、
待ってまっせ!

桜味噌、中華料理で
甘辛い濃厚な味噌で和えた料理があります。
我が家はマーボーナスや田楽に使います。
岡崎の八丁みそと味噌に砂糖を加え、
水とともにじっくり煮ます。
名古屋人に欠かせない煮込みうどんの味噌です。
本格的な中華料理に生まれ変わります。
我が家のジャージャー麺は自慢料理となっています。

静岡に寄ると必ず買うものがあります。
焼津の黒はんぺん、
ソフトわさび漬(静岡漬、次郎長漬とも言った)。

黒はんぺんはフライにして、アツアツをソースで。
とっても手軽で庶民的なものです。
ソフトわさび漬が極めて甘く味付けされ、
酒粕が妙に媚びた処方に変化しています。
本来の味が大衆受けされ、
原点を置き去りにした味付けになりました。
明治は遠く…。時代遅れでしょうか。

坂本光司教授 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

「らっきょう」への1件のフィードバック