新年の抱負

法政大大学院  坂本光司ゼミ  修士1年  根本幸治

2016年 申年 新年明けましておめでとうございます。

昨年1年間のゼミで学んだのは、視点の転換でした。

従業員から見えるもの、社長から見えるもの、投資家から見えるもの

同じものを見ているのに、全く違うものが見えている。

自分の視点からどれだけ離れられるか、そこに学びがある。

少しでも経営者の視点に近づく機会が得られるのがゼミの醍醐味。

多くの会社を訪問し、経営者の熱い想いを聞けば、自然と影響を受けることになる。

今年は一層その傾向を強めることになるだろう。

陽気で元気な申として活動を広げることを抱負とします。

奈良市からの初詣は春日大社。

皆さんはどこの場所から新年の抱負を誓われたでしょうか?

皆さんの心豊かな一年をお祈り申し上げます。

坂本光司教授 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「新年の抱負」への1件のフィードバック