他人事ではありません・・・

14日夜から現在も続いている熊本地方の地震ー。

被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

静岡県は約40年前に東海地震説が唱えられ、日本初の地震対策課が設置された土地。
しかし耐震化率は現在も100%になっておらず、地震保険の加入率は60.8%(2013年度損害保険料率算出機構)、「地震だ、津波だ、すぐ避難」のスローガンが未だに使用されている。

静岡県が2015年発表した静岡県第4次地震被害想定では、マグニチュード9レベルの南海トラフ巨大地震の可能性を軸に被害想定を試算しているが、震度6強~7クラスの揺れが3分程度続くと言われており、第1波到達まで2分程度の想定されている県中部地域では、地震が起きると同時に津波が押し寄せる。

耐震していなければ家屋から出ることすら出来ない。タンス、食器、冷蔵庫、窓ガラス・・・。部屋の中がガラスの破片や液体、荷物等が散乱していれば、安全であったとしてもそこにいることは出来ない。警官も自衛隊員も医者も看護師も自治体職員も皆被災する。熊本で起きている悲しくて辛くやりきれない災害は、決して他人事ではありません。

研究生 鈴木敏子

坂本光司教授 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「他人事ではありません・・・」への1件のフィードバック

  1. 鈴木さん
    東海地震と叫ばれて40年、日本のどこで起きても不思議ではないようです。
    万が一に備えておきたいですね。
    知野 進一郎