高齢化社会に対応する経営面(障がい福祉の住まいと就労を中心に)の工夫

こんにちは 佐藤浩司です。

今週は、高齢化社会で、障がい者就労とグループホームと合わせてどう対応したらよいかを考えてみたいと思います。

グループホームの歴史は平成1年(1989年「精神薄弱者地域生活援助事業(グループホーム)設置運営マニュアル」が各都道府県に配布された。)でスタートと歴史も浅いのですが、簡単ですが調べてみると驚くことが多いです。障がい者就労安定のために、障がい者活躍のためには、安心して住める、また、安心して働ける場所づくりが必須ですが、仲間の一部は行っている方はいるものの、まだごくわずかですし、障がい者の住まい確保のために自分の資産を投資している方も多く見受けられます。

住宅公庫等、日本での住宅需要が景気を引っ張ってきたこともあるが、人口減少時代に一般住宅供給は必要なのでしょうか?それも大事ですが、街づくりという観点で、障がい者就労と障がい者住まいをセットで運営する法人には、融資や助成金を優遇してもいいのではないかと個人的には思います。

http://www.jiritsushien.com/?p=1371

坂本光司教授 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「高齢化社会に対応する経営面(障がい福祉の住まいと就労を中心に)の工夫」への1件のフィードバック