政策創造研究科の入学資格

 今週も、山形県や大阪、京都そして奈良の商店街の視察や「静岡サテライトキャンパス」の特別講座の開催等かなりタイトの日程です。
ともあれ、いよいよ、我が法政大学大学院「政策創造研究科」の平成21年度入学者の受験シーズンです。
 詳細は「事務局」にお尋ね頂くこととして、今日は、よく質問される「入学資格」について、説明します。
 それは「自分は高校卒・専門学校卒・大学中退で、大学を卒業していないが資格があるのか・・・」と言う質問です。
 結論を先に言えば「OK」です。
 もう少し、説明をすると、社会経験がほとんど無い方は困難ですが、数年以上、職務経験のある方ならば、現役であれ、退職者であれ全く問題はありません。
 経済的な理由や、家族の介護等で大学進学を断念した方で、もう一度学びたい方、高校や専門学校を卒業し事業承継や企業のため、大学進学を断念せざるを得なかった企業家や起業家の方等なら、なんら問題はありません。
 しかも「政策創造研究科」は、夜間と土曜日のみの大学院であり、働きながら、あるいは家事をしながら、通学し修士の資格を取得することが可能です。
 東京の「市ケ谷キャンパス」も「静岡サテライトキャンパス」も、9月から、入学試験が本格化します。素敵な仲間が一杯いると思います。是非、チャレンジして下さい。
                                   (坂本)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です