就職活動で気付くもの

こんにちは、ミツハシです

こう見えても現在私は就職活動中です
先日、院生10名ほどで就職活動について
話し合う会に参加しました

そこで、講師の方から色々お話を聴きました
教室で学んだことは、
・面接官は人を見ることに慣れていない
ということ

意外でした、面接官は語らずにして
性格を見抜くものと思っておりました

また、その後の親睦会では、お酒の席でのポイントを
教えていただきました
・以下に話を聴くか
私は後輩とのみに行った時、一方的に語ってしまって
いたかもしれません

これでは会話ではなく、後輩は疲れてしまいます
自分が年上だからこそ相手の話を聴くことが大切であると
実感いたしました

就職を希望する企業もまだ定まっていませんが
良い仲間と巡り会えたのでみんなで励ましあいながら
就職について考えてみようと思いました

今週は雨が続きますが、そんな時こそ明るく接したいですね

それでは、また日曜に

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「就職活動で気付くもの」への2件のフィードバック

  1. この間の感想ですね。
    面接官にもいろいろな方がいますからね。
    「自分を知る」と同時に
    「相手のことを知り」
    目線を合わすことをこころがけるとよいと思いますよ。

  2. inaoさん
    先日はありがとうございました
    面接では自分のことでいっぱいになりそうですが
    あらかじめ、そのような情報があることで冷静になれそうです
    面接で自分の力を十分発揮するために他に注目すべきこと、
    なにかあるのでしょうか、私自身も考えてみます