頑張る商店街~その2~

 前回、山形県の新庄市に行った、と言う話をしましたが目的は、商店街の調査でした。
と言うのは、大都市圏から遠く離れた人口4万人の新庄市に「頑張る商店街」が存在しているからです。
 その商店街の名は「新庄南本町商店街」と「新庄北本町商店街」の2つですが、組織は違いますが、今は、両商店街が生き残りのため、共同で商店街づくりを行なっていると言うこともあり関係者は「新庄南北町商店街」と呼んでいます。
 この商店街がなぜ、注目されていること言うと、商店街の生き残りのため、行政に頼ら
ず様々な取組みを懸命にしているからです。
 その1つが「100円商店街」と呼ばれるように、イベントの日は、商店街の個店がそれぞれ、「100円商品」を1点以上展示販売するというイベントです。
 普段は閑散としている商店街ですが、この日だけは、商店街の最盛期にも勝る来街客があるそうです。
 ちなみに、商店街に対する行政からの補助金はゼロどころか、商店街の両理事長は、補助金はいらない、とまで言ってくれました。
                         (坂本光司)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です