「新産業創出論」での取組み

月曜日の担当の坂本です。
 今、大学院で担当している「新産業創出論」という講義の中で、
参加院生10数名と共同し先行研究のほとんどない
「47都道府県の産業の質に関する調査研究」も行っています。
 簡単に言うと、その地域の産業の質を示していると思われる
28の指標を分析評価し、その地域の産業の弱み・強みを
客観的事実により把握するためです。
 28の指標それぞれのランキングと、それを総合化したランキングも
示します。11月中には、完成させ、その後プレス発表や大学内での
報告会等の開催も考えています。
 また地域の要望があれば、地域に出向き報告会やセミナーの開催も
検討しています。
ご意見や、ご要望等ありましたら、研究室にお声掛け下さい。
                           (坂本)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です