企業は誰のためのものか

こんにちは、ミツハシです

週末になりました
六大学野球は本日が母校最終日
プロ野球では日本シリーズに突入

今年の終わりを少しずつ感じるこの頃です

さて、企業は誰のためのものか

物言う株主などのニュースが流れ、会社のあり方が
議論されます

そんな中、坂本教授は

会社経営とは
「五人に対する使命と責任」
を果たすための活動

と唱えています

1、社員とその家族を幸せにする
2、外注先・下請け企業の社員を幸せにする
3、顧客を幸せにする
4、地域社会を幸せにし、活性化させる
5、自然に生まれる株主の幸せ

の5つです

◇余談◇
本日研究科にお招きした講師の方に
「会社は誰のためのものか」
との質問をしてみました

すると、一番にきた答えは一緒でした
さらに、会社を誰かのためにする考えはあまりせず
社会全体のためと付け加えておりました

◇参考文献◇
あさ出版
『日本で一番大切にしたい会社』
坂本光司著

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です