松江での良い話

昨日は出雲空港から羽田空港、そして京急に乗り品川駅に出、
新幹線で静岡駅、そしてJRで藤枝駅・・・、自宅に着いた
のが24時頃、日帰りの出張でした。島根県松江市では、
「雇用・能力開発機構島根センター」と
「法政大学大学院政策創造研究科」共催のトップセミナーがあり、
その講師として、先月に引き続き行っていました。
少々疲れましたが、心は満たされました。
それは、主催者の心遣いもそうですが、より嬉しかったのは、
前回の私の講演を聞いてくれた「島根県警備業協会」の会長さんが、
講演後、講師控え室を訪ねて来られ、「先生の話を聞き目覚め、
来春『県内養護学校』を卒業する男の子を正規社員として、
採用します・・・。」と私に話してくれたからです。
嬉しさのあまり、話が弾み、気がついたらフライトが
迫っていました。ではまた
                        (坂本)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です