投げ込み

野口具秋です。

「投げ込み」という言葉があります。
ご存じでしょうか。
マスコミ関係者などに取材を知らせる案内を届けることです。

今回も坂本先生の指導の下
「47都道府県の産業の質に関する調査研究」
がほぼまとまりました。

11月21日(金)13時30分からの取取材を依頼しに
経済産業省記者クラブに出かけました。
首尾よく記者クラブの事務の方と超特急で親しげな関係の樹立に成功して、
「この方法が一番」と会社ごとの連絡箱に投げ込むより掲示を勧められました。

掲示と記者のボックスにも投げ込んでくれると言うのでお願いしてきました。
たくさんの取材が来てくれると良いのですが。

昼時でもあり天下のエリート役人のランチ風景が見たくなり地下の食堂に行きました。

なんと和食、洋食、スターバックス、おまけにコンビニまであるではないか。

お得ランチ「ハンバーグ定食」500円をオーダー。
小鉢、熱いみそ汁までついて三橋君でも満腹になるボリュームでした。
私が愛してならない学食より数倍美味しかった。

エリートはいかなる様子かと観察すると前の席の若いお役人はガツガツと
携帯を覗きながら喉にほり込んでいるし、ラーメンと定食などという大食漢もいない。
極めて普通の風景だったので安心するやらがっかりするやら経産省を後にしました。

ごちそうさまでした。
また来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です