今、中国にいます。

 昨日から中国の義烏市に来ています。義烏市は、「100円ショップの故郷」とも言われ、世界最大の軽工業品の生産都市です。今回は、大学院の学生や静岡・福井・東京等の経営者等約30名での訪問です。
本年3月以来の訪問ですが、今回の主たる目的は、義烏市の最大の市場である「福田市場」の6ヶ月間の進化の状況を見ることもありますが、その一角に、新たに160万㎡のビル市場が建設されたので、その市場を調査するためです。
加えて言えば、筆者の講義「中小企業経営革新論」を受講している多くの院生達から、せがまれたからです。
その調査結果は日本に帰ってから、改めてお知らせします。ともあれ、ここを見れば、日本の中小企業は、これから「何をやるべきか・何はやってはいけないのか」が、明確に理解できます。まだ行っていない方は、是非一度訪問調査して欲しい。(坂本)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です