ソウルでちょっといい話2

野口具秋です。

ソウルでもう一つ書きたい話があるのです。

ワイフ殿と明洞(ミョンドン)を秋の夜風に吹かれながら歩いていました。
韓国は路という路や歩道を屋台などが埋め尽くして若者たちから
年配者までが懸命に物販を行っています。
ファーストフードから新聞・雑誌は当然、靴下やTシャツは常識の範囲、
ぬいぐるみや得体のしれないオモチャが並ぶ。

不思議なのはどの店も多くの客が群がっていることです。

食べ物の屋台は若い女性がぱくぱく・盛リ盛りと、ほうばっている
光景が珍しくないことです。夕食なのでしょうか。

ふと、韓国スターのグッズを売っている屋台の名前が「神戸屋」とあり
立ち寄ることにしました。
ワイフ殿が職場の友人からパク ヨンハのグッズを頼まれているからでした。

経営者は女性でした。
不思議なことに関西弁で日本語がとても上手なのです。
身の上話を聞きながらいると、これまた不思議なことに
関西弁の年配夫婦が「ここにいるやないか」と侵入してくるではないか。
勤めている店を訪ねたが辞めてしまっていて、探し歩いたが全く偶然に
発見したというのである。
長く神戸の夫婦の店で働いていたのです。
なるほど関西弁で話す訳だ。偶然の不思議さと老夫婦が彼女にわざわざ
会いに来る優しさに心を打たれました。彼女は40歳を超え屋台でビジネス
を始めたばかり。お金を貯めて個店を経営するのが望み。屋台からがスタート
である。起業家精神が旺盛なことと年を考えないで先ず行動する韓国人
スピリッツをここでも見てしまった。

パク ヨンハは韓国では人気がなく、日本でしか売れてないといいうことでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です