樹研工業・坂本教授

去る1月22日、静岡県浜松市において 樹研工業の松浦社長
と坂本教授の対談がおこなわれました。

会場には60人ほどの人たちが、皆様熱心にお話を聞かれて
いました。

坂本教授は松浦社長の13ほどの、語録を用意されその中の
お話をしてくださいました。

1.3年間お給料を払い続けたこと
    今までがんばって働いてくれた大切な社員だからあたりまえ
2.求人は応募の順番
    人の能力は、見ただけではわからない
    人を判断することは、自分には出来ない
3.100万分の1の歯車は、売名行為
    100万分の1ほどの小さなものはまだ実用的ではない
    そのため、今は会社名前を売ることが大事

などなどたくさんの興味深いことを、お話しされていました。

今回はこの辺で・・・・次に裏話をすこし

講演前の控え室では、今景気の悪くない会社は日本の主要産業
ではない。
景気は2~3月までは戻らない。しかしそれ以降は少しづつ良くなる
でしょう。とも話してくださいました。

先々をみる力のすごい社長だな…と改めて思いました。
また、大変勉強もされています。

良いお話をありがとうございました。         
                                      平松

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です