社員のモチベーションの高い企業は業績も高い

昨日、新一口坂校舎にて法政大学大学院中小企業経営革新研究所と

アイエヌジー生命保険株式会社と共同研究結果の報告会が開催されました。

テーマ:中堅・中小企業の従業員のモチベーションの実態と高める効果的方策
  坂本光司教授

 質疑応答

テーマ:従業員のモチベーションをどう高めるか

パネルディスカッション

パネリスト:株式会社日本レーザー 代表取締役 近藤宣之氏
パネリスト:南富士産業株式会社 代表取締役社長 杉山定久氏
パネリスト:法政大学大学院IM研究科 准教授 松本敦則氏
パネリスト:アイエヌジー生命保険株式会社 代理店営業企画部 本部長 福嶋正氏
コーディネーター:アタックスグループ 調査研究事業室 室長 鈴木茂和氏


交流会

交流会のときに、のんびり食事をしていたのは

院生でした。

参加された方々は、モチベーションについての激論が

交わされていました。

■リンク

 共同研究開始時の記者会見
http://www.hosei.ac.jp/news/shosai/news_660.html

 大学院中小企業経営革新研究所(特定課題研究所)
http://www.hosei.ac.jp/suisin/tokuteikadai/specific.html

 受託研究(共同研究)について(研究開発センター)
http://www.hosei.ac.jp/suisin/index.html

(Nasu)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です