日曜快晴なり

快晴で気持ちの良い日となりました。
  坂本ゼミが昨日、第二回目が終わりました. 帰りに、佳月で教授を囲み、楽しい課外授業のひと時を
 過ごしました。
さて、前回約束の
  浜松まつり についてお話させて頂きます。


  浜松まつりの歴史は、今からおよそ440余年前、浜松を治めていた引馬城主の長男誕生を祝って、城中
 高く凧を揚げたことが起源といわれています。
  五月ゴールデンウイークの、3日、4日、5日,  旧市内 174町 が参加しての大凧の切り合い合戦は、
 勇壮な見ものです。

 夜は 豪華絢爛 御殿屋台「ごてんやたい」は一台当たり、一億円もするものも有ります。
  御殿屋台の引き回しは、84台 つまり、84町が参加する華麗な夜の絵巻です。
 他に  おまつり広場が三箇所あり、ミス浜松コンテスト、合同練り、吹奏楽パレード、民謡総踊りほか、
  楽しいイベントが目白押しです。
 ぜひ、皆さん お遊びにいらっして下さい。
   それでは次回までご機嫌よう。       内山 隆司

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です