定額給付金

土曜日担当の長島です。

昨日、定額給付金の案内が静岡市役所から届きました。
内需拡大策の切り札として定額給付金が実施されたわけですが、消費の押し上げ効果はどれぐらいなのでしょう。

これを支給された人が全員消費を増やしてくれれば、内需は拡大しそうですけど、この不景気による不安から、みんながこの給付金を貯金してしまうと仮定すると景気刺激の効果がどの程度あるのか疑問です。

政策の立案段階で政策実施後の効果について議論がなされて、対象は低所得者限定にした方がいいだろうとか、減税の方がよさそうだとか、中小企業対策に回した方がいいとか、やっぱり公共事業だよといろいろと検討された結果、定額給付金の実施に至ったのであればいいのですが、どうも怪しいですね。

限られた財源を使うわけですから、だれが一番困っているのかを明確にして、最も政策効果が高まるような政策を立案して欲しいものです。

とはいえ、せっかく政府が支給してくれたものですから、ゼミで使う本を買って、政策の趣旨通り消費を刺激したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です