もう一つの巣鴨

野口具秋です。
洋菓子店「フレンチパウンドハウス」を知っている方は相当なスイーツ好きだそうです。巣鴨地蔵通り商店街、巣鴨駅の反対出口、超高級住宅地「大和郷」の中にあります。とっても洒落た店構えで、広々とした落ち着いた店内でお茶とともにケーキを楽しむ人も多い店です。

かつての勉務先にある診療所で今朝は月一回の受診日でした。偶然春の健康診断の時期とぶつかり、大量の職場仲間に遭遇してしまいました。次から次へと待合室で話に花が咲きました。さっさと帰宅して宿題の読書をするつもりがランチはするは、ついでに事務所まで乗り込んで一頻リ費やしてしまいました。
定年後3年8か月も経って、こんなにも沢山同僚連中がこぞって声をかけてくれたことがチョッピリ嬉しく懐かしく、ほろ苦くありました。長く胸につかえていた過去の軌跡の少しが氷解する。

ここのケーキは素材の持つ本来の味を追求しています。決して味を作り変えず、妙に表現させません。口にすると美味しさが口いっぱい広がります。上品な甘さと滑らかな口あたりが長く幸せな気分にしてくれます。

お金を支払うと、商品を持って店員さんが出口まで見送ってくれます。本当に爽やかな笑顔と一緒に出口でケーキを手渡してくれるのです。
甘いものはとっても人の気持を和ませてくれますが、幸せな気持ちで食べる時も、もっと豊かな気持ちにさせてくれます。(平成21年5月11日記)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です