ものづくり日本

土曜日担当の長島です。

先日、実家にある古時計が壊れました。今時、珍しい振り子のネジまき式時計です。父の怪しい記憶によると、30年ほど前に8千円程度で購入したそうです。

その時計は、昼夜問わず、ボンボンと音を出し、騒がしいことこの上ない。静かになってちょうどいいと思っていましたが、長く使い愛着もあったので、だめでもともとで修理には出しました。

ところが、おととい、その時計は見事に復活し、我が家に戻ってきました。このおんぼろ時計を見事に直した時計店のおじさん曰く「古いものを直すのは面白くてしょうがない。」
職人の真髄を見た気がしました。

また、30年以上経っても使えるこの時計を作ったS社の技術力には驚きです。「ものづくり日本」はやはりすごい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です