温泉視察

観光創造論の講義で栃木の○○川温泉に行ってきました。
東京から電車で揺られること片道およそ2時間といったところでしょうか。

雑誌かテレビの影響でしょうか、当温泉地の名前は良く知っていたのですが、今回訪れるのは初めて。
伊豆の安宿にしか泊まったことのない私は心をときめかせていました。

が、感想としては……このままじゃ危うい!
団体旅行客用の大型旅館が目立ちまして、個人客とすればあまり魅力的に映りません。
案の定というか、大型旅館の廃墟が目に付きます。
観光スポットも、ここおススメ!というところが見つけ出せず。。
新築のつり橋も一度渡ってしまえば満足してしまうような気が。
現地の移動も自動車がなければ不便だと思います。

当日は若い女性客もチラホラいたりして、鬼○○温泉としても受講生男性陣としても嬉しい限りでしたが、彼女らが果たしてリピーターとなってくれるのかどうかは分かりません。
私個人としても、今のままではもうあまり行く機会は無いように思います…。

やはりですね、泊まってよし、歩いてよし、寄ってよしというような温泉街こそ、魅力的ではないでしょうか。
流行っているらしい熊本の黒川温泉は、少なくともこの2つは満たしているような気がします(聞いた話のみでの印象ですが)。
全てを満たそうとしても中途半端になると思いますので、どれか一つ他には負けないようなものに育てていく必要があると思います。

はたして、当温泉地に求められるものは何でしょうか。

Y.S

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です