一瞬の昼間の闇にあこがれて

木曜日担当の高澤です。

昨日は皆既日食がありましたが,みなさん見ましたか?僕がいた東京は雲に覆われて残念ながら肉眼で見ることができませんでした。

しょうがないのでテレビをつけながら仕事やらレポートやらをこなしていたら,NHKで皆既日食を生中継し始めたので見てしまいました。テレビで見てもちょっと感動しました。

だれかYouTubeにアップしていないかなーと思い検索してみたら,なんとNHKが映像をアップしていたのでびっくりしました。ここに埋め込んでおきますね。

まずは硫黄島での映像です。

次に太平洋上からの映像です。

見ていただければおわかりだと思いますが,日食が始まってすーっとあたりが暗くなり,360度ぐるっと水平線が夕焼けのようにほんのり光っています。それがまた夜が明けるようにいつもと変わらない日中の光が戻ってきます。キレイですね。

僕はテレビを見終わった後に,「日食の時には月の影響で動物に変化が起きる可能性がある」という言葉を思い出しました。そうだ,こまちは大丈夫かな?

…か,関係なかったみたいですね…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「一瞬の昼間の闇にあこがれて」への2件のフィードバック

  1. 潮の満ち引きは月の引力で起こります、ひまわりは太陽を向いて咲いています、生物も何らかの影響を受けているはずです。私はおとといからひどい頭痛で、今朝は治りました。こまちちゃんの左足は引力でぐーっと上に上がっていませんか。眠っているのに引力で瞼が上がって「半眼」になっていますし、体も引力で引っ張られて下半身が隣の部屋に乗り上げています。NHK、見ました、女子アナを船に乗せての放送でしたね。インドでは不吉だからと皆さんガンジス川で体を清めていましたが、そのガンジス川の水が汚いのでハラハラしました。では坂本ゼミのみなさん、今週もファイトです!

  2. すいません,またしてもコメントしたはずなのに入っていませんでした。すぐ確認しないとダメですね。
    たしかにこまちの足は引力によって引っ張られているように見えますね。そもそも皆既日食とか関係なくこの犬の足は引っ張られるので,見えない力が働いているのかもしれません。