外国籍の知人を持つということ

こんにちは、ミツハシです

アルバイト先でコーヒーの淹れ方教室
のようなことをしています

この夏をクールに乗り切るには…

「涼しげな器具でアイスコーヒーを淹れる」

それもひとつかもしれません

さて、今回は海外の知人について

僕には2人連絡の取れる人がいます

英語はまだまだですが、伝わるように
いろいろ考えます

いろいろな気づきがあります

on offをはっきりとしていること

その中の一つです

日本ではとかく付き合いだからという風土
がありますがそれがすべてではないのだ
と思いました

家族を大切にする

これにつながるように思います

僕にはまだ家庭がありませんが
築いた時には家庭を大切にし
そして交友も大切にするようにバランス
をとりたいものです

やはり、異文化交流は最高です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「外国籍の知人を持つということ」への1件のフィードバック

  1. offの時間を大切にすること、賛成!「日本でいちばん大切にしたい会社」は社員さんたちをいちばん大切にしている=身内を大切にしている…ということを個人に置き換えると「家族をいちばん大切にする」ということですものね! 日本のお父さんたちはちょっと忙し過ぎます。 ところで、ミツハシさんが家庭を持ったら……「すごく可愛いらしいお子さんたちに囲まれているミツハシさん」が想像できます!