東京マラソン

高橋です。

来年こそは、東京マラソンを走りたい、と思っていて、
東京マラソン2010にエントリーしました。

http://www.tokyo42195.org/2010/entry.htm
抽選にあたりますように。

昨日は、大学院で論文の中間発表を聞いた。
自分は、サインを起点とした地域づくりの論文を書こうと思っているのだけれど
今回、先輩達の発表を聞いて、
自分の論文に観光というキーワードと都市の記号化という概念を
入れるといいのかな、とイメージが膨らむ。

また、昨日は、大学に行く前に時間があったので、本屋さんに立ち寄り、
亀山郁夫さん訳のドストエフスキー『罪と罰』と
宋文州さんの『社員のモチベーションは上げるな』、
日本理化工業の大山会長の『働く幸せ』を購入。

宋さんの本のタイトルは、過激・・・。
でも実際の宋さんは、とても温かい人で尊敬する先輩経営者。

『働く幸せ』は、さっそく読了しましたが、ページをめくるたびに思わず、
涙がこみあげてくる、電車の中とか外で読むにはちょっと危険なほど
感動で心が震える素晴らしい本。

プロローグに、仏教の話、周利槃特のエピソードが出てくる。
なぜ、周利槃特が十六羅漢に選ばれたのか。

僕の好きな言葉。

創造の波動として
宇宙に鳴り響いている
宇宙原音に
意識を合わせた行者は
その音を直ちに
自分の理解できる言葉として
聞くことができる。

空海は、四国八十八ヵ所の第十九番の立江寺に
一番大切な心を置いた、という話を聞いたことがあります。
邪心を抱くな、と。

先祖供養とお布施と感謝の心。

僕は、自宅と会社に月一回お坊さんに来てもらっていて、
お参りをする。

今日は、自宅にお坊さんが来る日。

100年続く企業の礎を築くには、なむあみだぶつ。

長文失礼しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

「東京マラソン」への1件のフィードバック

  1. はじめまして。
    WAVE出版の田中と申します。
    このたびは、ブログにて大山泰弘さんの『働く幸せ』を取り上げてくださいまして、
    まことにありがとうございました。
    「働く幸せ公式ブログ」(http://ameblo.jp/hatarakushiawase/)にて、
    リンクを貼らせていただくともに、
    お礼の文面を掲載させていただきました。
    ご覧いただけますと幸いです。
    これからも、応援していただけるような出版活動に
    全力で取り組んでまいります。
    今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。