オープンセレモニー

野口具秋です。
JR総武線・浅草橋駅にシモジマはあります。下町の東急ハンズと言われています。江戸通りにそのビルはあります。8階の売り場を持つビルで、一階はパーティーグッズやフィギュアーなどを展示、順次フロアーを覗いていくと、ある階は台所用品、文房具、または紙袋やリボンなどの包装小物など生活に密着したアイテムが10満点展示しているとか。元来は包装資材の専門店カら発展してきたそうです。決して大きくないが要領よく展示していて買い物が十分楽しめる楽しい店舗です。

江戸通りをはさんで「east side tokyo」は9月7日オープンしました。向側のシモジマと異なり黒と白を基調としたシックな内装の店舗になっている。花とクラフトを楽しむロハスな方に、静かに自分と向き合う時間と空間を大切にする大人に情報提供のオアシスなのです。ここには何かある絶対ある。わくわくさせる自分を発見するため探しているものが見つかる仕掛を用意している。

仕掛け人はYさん。私の同級生です。頑張り屋さんで院生時代は朝5時に成田に近い自宅から会社に行き、営業部長の激務をこなしながら卒業したのです。講義を担当された先生方は彼の積極的な学びの態度に感心したと口を揃える人です。

east side tokyoは彼の大学院生時代からの夢の実現だったのです。PJメンバーの中核として見事にスタートできた様です。沢山のゲストを迎えている彼の横顔は大きな作品を完成させた喜びで満ち溢れているようでした。これからの順風満帆な航海を同級生として祈らずにはおられません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です