ゆがんだ社会

こんにちは、ミツハシです

夏から秋へと徐々に変化を増してきました
季節を先取りする服飾・飲食のお店ではクリスマスにむけての
動きが活発化する時期でしょうか

さて、今回は野外生活者について

川崎にも野外生活者が駅前にいます
以前に比べ駅前には少なくなりましたが、それでもいなくなるこ
とはありません

そこで疑問に思ったこと
野外生活を望んでしているのか
野外生活に至った原因は何か

もしそれが、社会的影響が多い時、それは健全な社会ではない
といえる

多くの人はこう言うかもしれません
「自己管理ができず自由を選択した人々」と

でも彼らにも少年時代があったはず
共に遊んだ仲間かもしれない

つまりどこかで、人生に転換点があったはずです

そう思うと教育は非常に大切なものです
教育により未然に防ぐことができるかもしれない

ゆがんだ社会
だとすれば
それを形成しているのは大人

良い社会
これも牽引するのは大人

一度の人生だからともに成長できる社会を望みます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「ゆがんだ社会」への2件のフィードバック

  1. ミツハシさ~ん、こんにちは~! 夏休みが終わった、と思ったらあっと言う間にクリスマス→お正月、はやいっ速すぎる~、年をとるとほんとに1年はやいです、年とるとね、「毎朝起きて行くところがあるって素晴らしい」と思うんですよ。若い頃はそんなこと考えたことなかったけど。行くところがある、感謝です。みなさんのおかげです!ではシルバーウィークもファイト!

  2. >おばさんウーマン様
    行くところがあるって素晴らしい
    それは僕の祖母を見ていて中学生のころ感じていました
    本当にさびしそうにしていたので僕は毎日話し相手になって
    いました
    もっと祖父が長生きしていればそれもなかったのかなと思う
    ことがあります
    社会は大切なものですね
    場所を提供してくれます
    だから仲間を大切にしなければいけないんだなと思いました
    ありがとうございます