浜松は快晴

昨日は坂本ゼミ総力を挙げての、公開シンポジュームが田町校舎5Fホールで開催されました。
 予想を上回る来場者に主催者側は嬉しい戸惑いであったでありましょう。
坂本光司教授の基調講演、「企業経営とは五人に対する使命と責任を果たすための活動」、から始まり、
 続いて、障害者雇用に生涯をかけられた、日本理化学工業㈱大山泰弘会長さんの講演、
更に続いて、障害者によるベーカリーチェーンを全国展開している、㈱スワンの海津歩社長さんの熱弁で
 講演は終わりました。
会場の皆さんもさぞかし感動されたでありましょう。
 終了後来場された方々との交流懇親会が地下食堂で行われ、坂本、黒田、両教授、大山会長、海津社長を囲み、ゼミ生共々楽しいひと時を過ごしました。
 野口さんの中締め宣言で解散となりましたが、ゼミ生一同は二次会を開催、
特別ゲスト、大山会長を再びお迎えして、坂本教授を囲み、大盛況を喜びあいました。
 この行事は法政大学院、政策創造研究科、ソーシャル、アントレープレナー政策プログラムの
第二回目の催しとして行われたものです。
 またこれから毎週土曜日に魅力ある講座が続きます。
外部へのPR行事であることは承知してはいますが、それぞれの担当教授とゼミ生は力を入れて協力していることでもありますので、次回(来年)からは関係する院生は、参加できるように、教授方と事務局側で一工夫していただければ更に有意義な行事になるのではないでしょうか?
 それでは皆さん次週まで、ご機嫌よう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です