ご縁

月曜担当 小松です。

3日、シンポジウムへのお手伝いもできず、2次会だけ参加させていただきまして、ゼミの皆様ごめんなさい。
私は、箱根彫刻の森で開館40周年記念展示会オープニングセレモニーにおりました。帝国ホテルのロビー壁面、皇居の春秋の間のシャンデリアなどを制作された作家、多田 美波先生http://www.tada-ken.co.jp/の展示会です。
先生とは不思議なご縁から、台湾で開催された展示会への参加ツアーをお手伝いさせていただいてから、ありがたいことに親しくさせていただいております。今回は、今後予定されている海外展示会のこともあり、セレモニーのご招待をいただき出席させていただいておりました。芸術にうといわたしでも存じ上げているような著名な作家の先生方など、大挙して出席されておいでで、その人脈の広さ、深さにあらためて尊敬させていただいておりました。
この前日の2日、今回のシンポジウムのご講演者のおひとりである、日本理化学工業の大山会長様へ、ゼミ生とうちあわせにおじゃましておりました。
さまざまなお話をお聞きし、視察もさせていただきましたが、なぜだか、ほんの数人だけが事務室におりましたとき、大山会長様は、人のご縁といったお話をしてくださいました。どこで、どんな出会いがあるかわからない。人との不思議な出会いで、ここまできている。感謝しかありません、・・と。
多田先生のセレモニーに出席させていただきながら、大山会長様のお話をあらためて思いおこしておりました。ほんとうにご縁とは不思議なものです。あのときのあのできごとがなければ、多田先生のような方とのであいなどありえなかった。この世の中でおきることに偶然はなく、すべては必然である。もちろん人とのであいも。・・とか
坂本教授の元でまなばせていただき、すばらしい出会いをたくさん経験させていただいております。一緒に学んでいるゼミ生もであうべくして、であっているのでしょう。
これまでの、ご縁をだいじに、そしてこれからのご縁を楽しみに、今週もがんばります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です