百貨店の時代による変化

こんにちは

M1の武田和久です

先日、大学院のある授業で「百貨店」に関しての内容がありました。

先日も松坂屋銀座店が閉店となり、百貨店もいろいろな変化が起こっています。

ちなみに余談ですが、授業で

「銀ブラ」

の意味を質問する場面があったのですが,皆さんの答えは

「銀座をブラブラすることじゃないですか?」

というものでした。

実際、私もそう思ってました。

でも本来はカフェーパウリスタという銀座のお店がその語源の発祥で

「銀座でブラジルコーヒーを飲む」

を短縮した意味だそうです。

ちなみに百貨店といえば、今一番興味のあるのが東京大田区にあり
地域密着型百貨店でもある「半径500m以内、シェア100%主義」
のキャッチフレーズを掲げる「ダイシン百貨店」さんです。

カンブリア宮殿でも紹介されていたお店で
「場」というものをうまく作り出している感じがしました。

ぜひ訪問して西山敷社長さんのお話をお伺いしてみたい
お店だと感じました。

M1小林 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「百貨店の時代による変化」への2件のフィードバック

  1. ダイシン百貨店いいですね。早期に訪問したい企業として先週のゼミでシートを提出しました。ビアガーデンをやっているうちに行ってみようと思ってます。