春合宿そして・・・

みなさんこんばんは。実り多い春合宿の余韻冷めやらぬまま、昨日は東海地区のコミュニティ放送局の会議が静岡であり、幹事局としてバタバタしていた鈴木です。ラグーナ出版の社員の方から素敵なブログ記事のお土産を頂戴しました。みんなで共有させてもらっていいですか?と伺ったら恥ずかしいけどいいです。とのことでしたのでURLを
掲載します。ぜひご一読ください。一番のお土産でした。http://epimbi-madrigal.blogspot.jp/2014/02/blog-post_22.html  M1鈴木敏子

村田光生 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

「春合宿そして・・・」への2件のフィードバック

  1. 鈴木さん
    こんにちは!
    読ませていただきましたが、とっても素敵な文章。
    このラグーナ出版の社員の方は坂本先生に負けず劣らず、素晴らしい感性をお持ちの方だと思いました。

  2. 坂本先生、鈴木さん、村田さん、そして皆様
    わざわざ先日は鹿児島まできていただいて
    ありがとうございました。そして、私の文章を
    読んでいただいてありがとうございます。
    ネットを通して、「伝わる」近さと、現場にきて
    みないと「伝わらない」距離の感覚を面白く
    思います。
    参勤交代の距離感覚、急行列車の距離感覚、
    そして、航空機時代の距離感覚、それぞれの
    時代の距離感覚があり、時代とともに近くなった
    のか遠くなったのか本当のところよくわからない
    のですが、それはそれとして、今の時代でできる
    ことを大事にしたいと思います。
    皆様の書かれる文章をどんな人なのかなと想像
    しながら、これからも一読者としてこのブログたまに
    ではありますが、読ませていただきたいなと思います。
    文章ではどうしてもこぼれ落ちていくものはありますが、
    余白を楽しみながら読んでみようかなと思います。
    では。