納税志向 と 障がい者

金曜日担当のM1(マスタ-=修士1年)の知野(ちの)進一郎でございます。
4月に入学してから1か月が経過しました。毎週土曜日は東京で、月曜日は静岡で坂本光司教授と毎回3時間、幸せに真剣勝負をさせていただいております。
28日月曜日には、坂本教授が障がい者雇用先進企業の共通的特長の一つに「納税志向」を挙げられました。30年前は70%以上の法人企業が黒字でしたが直近の国税庁のデ-タではわずか27.4%しかありません。障がい者雇用に限らず、成功されている企業の共通点に積極的な納税が挙げられます。
初めて気づきました。坂本教授は「障がい者」としています。普通に使われている「がい」の漢字はとんでもないですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「納税志向 と 障がい者」への1件のフィードバック

  1. 知野さん
    こんばんは!
    弊社も長年、納税だけはさせて頂いております。
    静岡SCでも坂本ゼミでも宜しくお願いします。