おもてなし経営vol.3

【おもてなし経営vol.3】

~カフェレストランわれもこう ~

皆さん☆こんにちは。
今日は母に感謝を伝える日ですね。
ハートフルな1日をお過ごしでしょうか。

私は朝目覚めてすぐ、子どもたちに
手作りホットケーキを振舞われ、
フラワーアレンジをプレゼントされ、
母である喜びをかみしめています。

朝食後は昨日出会ったお気に入り、
「心の鐘サブレ」で家族団らんの
ひと時を過ごしました。

口いっぱい、サクサクッと
上品な甘さが広がって
手作りのやさしさに包まれました。

おいしいお菓子は、ホッと和ませ
人生を心豊かにします。

特に、自分好みの、お気に入りに
出会えた時は
気持ちも、笑顔も、最高に輝き、
人に教えたくなるものです。

真心を感じるおいしいお菓子が
好きな私にとって「心の鐘サブレ」は
まさに誰かに教えたくなる
期待以上のおいしさでした。

見た目のしっとり感と違って、
かなりサックサクの歯触り。
そのギャップが期待以上の
美味しさとなって
申し分ないお気に入りトップ10に
ランクインです。

今すぐにでも食べたいあなた。
このお菓子にどこで出会ったのか、
ご紹介します。

それは、必然の出会いでした。
東京都・光が丘駅にほど近い、
緑豊かな公園の中に佇む、
社会福祉法人あかねの会が運営の
「カフェレストランわれもこう」
(東京都・練馬区)です。

坂本光司先生と坂本ゼミ生の
皆さんとともに、
私にとって初の企業訪問先でした。

愛と信念を持って、
障がい者の幸せ就労のために尽くす、
社会福祉法人あかねの会、
吉田由紀子理事長の講話は
「障がい者を納税者に」という
メインテーマで語られ、
2時間におよぶものでした。

きょうまでの歩みや苦労に
心を動かされました。

周囲の理解が得られず、
ジレンマに悩む中で、
試行錯誤を繰り返し、
障がい者の言語コミュニケーションの
能力向上に尽くしてきた、熱い思いと
信念、深い愛情にただ、敬服しました。

私は常々「愛情をもって作るものは
心と体の栄養になる」と思って、
手作りにこだわっていますが、
ここでいただいたレストランの料理や
「心の鐘サブレ」はやさしさに包まれる
真心こもった、おいしさでした。

食事をいただいている間、
吉田理事長は武蔵野音大を出られた
ピアノの腕をご披露され、
私たちにピアノの生演奏で癒しと
くつろぎの時間を楽しませてくれました。

なんとも、穏やかな満たされた時間。

障がい者とともに笑顔で生きる社会を
陰ながら支えたいと思っています。

最後になりましたが、
おいしさ特級品の「心の鐘サブレ」を
ぜひ食べてみたいと思っている方は、
ぜひ一度、「カフェレストランわれもこう」に足を運んで、
優しいおいしさに包まれてくださいね。

帰り道、さわやかな風に吹かれながら、
「日本でいちばん大切にしたい会社」を
数多く見てきた坂本先生が
「日本の宝ですよ」とおっしゃっていた
本当の意味が改めて、深く心に
染み込んでいきました。

それでは、母の日のきょう、
家族や身近な人を大切に、
真心が届く1日をお過ごしください。

M1福満景子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「おもてなし経営vol.3」への1件のフィードバック

  1. 福満さん
    おはようございます!
    当日、急用があって伺うことができませんでしたが、後日坂本先生が「とっても良かったですよ」とおっしゃっていました。
    お伺いしないと、分からないことばかりなので、こういうチャンスを逃すことは誠に残念に思っています。
    機会あらば「カフェレストランわれもこう」行ってみたいです。