幸せな時間(思いやる心)

本日、打ち合わせのため地下鉄を利用した時の出来事です。
電車の座席は全て埋まっており
私達はドアの近くで立っていました。

乗車口に背を向けて立っていたので
最初は気付かなかったのですが
ご高齢の方が乗車され、車内パイプに摑まりながら
立っていました。

その時に真っ先に席を譲っていたのが
歳近い高齢者の方。

若い方ではなく、自ら自然に席を譲るその姿はとても素敵でした。
お礼された後、はにかみながらもその方は、
「当然の事をしただけなのに」
というようなやさしい笑顔で立っておられました。

何気ない事ですし、日常に溢れている行為かもしれませんが、
見ていて気持ちのいいものは、
少なからず心を温めてくれます。

今日一日、とてもいい気分で過ごす事が 出来る気がします。

M2安藤

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です