仕事の報酬

今週は1年程前から関係している石巻市の会社へ行って参りました。
この会社は、社歴40余年。71歳の社長と2人のご子息が取締役で、社員数53人、サービス業を営んでいます。当初の主な課題は、<事業継承を成功させる>と<従業員の定着率を向上させる>でした。

これに対し、経営理念と経営計画の見直し、全員参加型経営計画書の作成を中心に取り組み、今年1月に経営計画発表会を行いました。

発表会の当日に、何人かの社員が私のところへ来て、目をキラキラ輝かせながら「ありがとうございます」と言ってくれた時、進んでいる方向に間違い無い事を実感しました。

今回の訪問で、その実感がより強くなりましたので、ご報告させていただきます。
今年3月、ガンを宣告された30歳代の男性社員に対する処遇を、車で迎えに来てくれた役員から話を聞いたところ、社員本人と話し合い、本人の希望を最優先し、毎日15時までの勤務としたこと。経営陣の判断で、隔週2日の休日を毎週2日の休日としたこと。更に給与は以前と1円も変わらぬことを聞き、嬉しくて、嬉しくて運転中の役員の肩や腕を叩きながら、「素晴らしい!素晴らしい!」、「よかったね!!」と大声で連呼しました。

会社に着き、当の社員と面談しました。「家族のように接していただき、本当に嬉しく、有り難く思います」「早く良くなって、バリバリ働き、恩返しがしたいです」と涙ながらに語ってくれました。私にとって最高の報酬を頂いた瞬間です。

坂本先生が仰る「力をつけて」一人でも多くの人が笑顔で、健康で、仲良く働ける場作りにこれからも精進して参ります。ありがとうございました。

今日一日、皆さまにとりまして、素晴らしい一日になりますように・・・。

M1春木清隆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です