近未来の企業社会の予測

明治維新から3度目の70年周期に入ったわが国。
ポスト資本主義社会として人本主義社会が形成されてきます。
企業社会も大きく変わってくると予見されます。

・人本経営がスタンダードになる
・正社員比率が高まる
・24時間営業が下火になる
・売上規模が適正水準になる(拡大志向の是正)
・女性社員が活躍する企業が伸びる
・高齢者社員が活躍する企業が伸びる
・障がい者雇用が一層促進される
・平成世代が活躍する企業が業界のリーディングカンパニーへ
・「効率・コスト」重視から「手間暇・ぬくもり」重視の経営へ

それぞれの理由について本日(6月30日)発行の「新SVC通信」で解説していきます。
ぜひお読みください。

「新SVC通信」の定期配信申込み(無料)はこちらで
http://www.keieijinji.com/message/svcnews/svcnews_entry.html

人を大切にする会社づくりのトータルプロフェッショナル
小林秀司

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です