精神障害の労災補償状況 請求件数は過去最高

おはようございます。

先週金曜日、注目されていた平成25年度の
「脳・心臓疾患と精神障害の労災補償状況」が公表されました。

 そのポイントをまとめると以下のようになります。
①請求件数は1,409件で、前年度比152件増となり、過去最多。
②支給決定件数は 436件(前年度比 39件の減)で、4年振りに減少。
③認定率は36.5%で、前年比2.5ポイントの低下。

 2011年12月に精神障害の労災認定基準が改定されましたが、
その認知が進んだことにより、請求件数が増加したと考えられます。
一方で、決定件数(当該年度内に業務上または業務外の決定を行った件数)が減少したことは、
労災認定審査の遅れがあったのかも知れません。
その結果、支給決定件数が減少したと予想されます。

 メンタルヘルス不調はいまでは企業の人事労務管理における最重点ポイントとなっています。
職場の環境が原因で、社員がこのような問題を抱えるというのは
悲しい以外の言葉が見当たりません・・・

 リスクマネジメントという観点だけではなく、
社員と会社の信頼(相互信頼)の問題として捉え、その予防を進めると同時に
いい会社の本質に各企業さまが気がつくよう、私自身そして我々の業界も、
ますます努力が必要だと、思っております。

M2安藤貴裕

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です