あおぞら

M2あくつです
日曜日から四国のパーソナルアシスタントさんへ行ってきました^ ^

今回、2回目の視察です。
あおぞらさんは、居宅介護・高齢者訪問介護・障害者の自立支援のデイサービス・介護タクシー・就労支援と自然栽培無肥料農法を行っています。

ここの他ではない魅力は、障害の就労の方が自然栽培をしてまた、子供達のデイサービスの行事として稲を手植えしたり、収穫したりしている所です。

写真の隣の畑は、5月頃に植えて育っているお米で早く出せば早く沢山売れるという戦略の畑が大半のようですが、昔からお米は、丁度梅雨の頃の植え付けをして、夏のサンサンの太陽の元で育つ事が稲にとっても虫が付きにくく、美味しいお米が出来ると言う事です。全ては、人間の都合でいろんな物が変わってしまっているのですね。

裸足で田んぼに入ると、土の圧力がふくらはぎにかかってとっても気持ちいいです。隣の写真は、1週間前に植え付けした畑のチェーン除草をかけました。これをすることで、雑草を取って、苗に空気を入れる事が出来るそうです。

こちらは、人参の種。自然栽培は、自分の畑で育てた野菜の種をまた来年使うので、種を大切に収穫して、来年の為の物とするそうです。人参に雄の花と雌の花があることを知りませんでした。

鶏も自然に育っていて今の世の中の鶏は、人間の為に生きている鳥がほとんどなので、とても愛おしく思えました。
食材の販売は、レストランやお寿司屋さん自然栽培のお店に流通しています。
自然の力は、本当に凄いですね。
私は、まだまだ、見えない物が見えていないと感じました。
一歩づつ進まなきゃ
あおぞらのみなさんありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です