安倍川花火大会

毎日青い空と蝉の鳴き声いよいよ、夏本番ですね!

各地で花火大会やお祭りが開催されています!

先週の土曜日静岡では、安倍川の花火大会でした

私はゼミでしたが
花火やお祭りへ行くと元気になりますね^o^まるで、自分の心に花が咲いたみたいにっ

そこで、今日は、安倍川の花火の由来に注目しました。

なぜ安倍川の花火が打ち上げられられることになったのか。

わたしは、去年まで考える事なく学校へ行きながらも花火や街の雰囲気に楽しみにしていました。みなさんは、どうですか??

今は、空には綺麗な花火が毎年上がるのですが、昭和20年戦後6/19静岡空襲でたくさんの方が亡くなり火葬した方を追悼するための花火だそうです。

当時、安倍川もち屋が並ぶ安倍川橋は、死者の海だったと聞いたことがあります。

その思いを胸に花火が上がるなんて、なんだか考えますね。本当に戦争で亡くなった方の命を無駄にしては、いけない。
精一杯生きなければ!

あっ!熱くなりすぎましたー!

明日も素敵な一日をお過ごしください

あくつ

村田光生 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

「安倍川花火大会」への1件のフィードバック

  1. 阿久津さん
    こんにちは!
    安倍川花火大会は今回で61回目を迎えました。
    鎮魂の意味も込めての打ち上げ花火。
    お亡くなりになられた皆さまも天国から見ていてくれるといいですね。
    弊社も2010年からスポンサーとして提供させて頂いております。