世界遺産、富岡製糸工場に行ってきました。

 M3の宇佐美です。

 毎日、酷暑が続いておりますが、皆様どのように熱中症対策してますか?

 さて、先日、8月5日(火)に今年の6月21日に世界遺産登録された

 群馬県の富岡製糸工場に6名にて行ってきました。 その日は何と群馬県の館林市では

 39.5度を記録しております。

 富岡製糸工場は昨年の富士山に続き国内で18件目の世界遺産登録となります。

 明治政府の依頼により、フランス人が指導し明治5年(1872年)に建設されました。

 建物自体も大変、モダンでとても明治に入りたった5年で建設されたとは思えません。

 また、操糸場は繭から生糸をとる作業所ですが、フランス式の操糸器300釜が設置された

 世界最大規模の製糸工場でした。 建物内部は中央に柱の無く広い空間が保たれています。

 女工哀史のようなイメージで訪問しましたが、全くの思い違いでした。

 かつての日本の産業発展の牽引役となった生糸産業、建物、そしてその場の空気感から

 国力をかけての取組を感じとる事が出来ます。

 当時の女工さん達も同じ建物、風景を見ていたかと思うと感慨深い物があります。

 日本の物づくりの素晴らしさを改めて感じます。

      

 バスツアーを利用し行かれる事をお薦めします。

       M3 宇佐美

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「世界遺産、富岡製糸工場に行ってきました。」への1件のフィードバック

  1. 宇佐美さん
    おはようございます!
    さっそく訪問するとことが行動が素早いと思います。
    やっぱり意識して「行こう」と思わないとなかなか行けないです。
    行ってみたいリストに入れます!