はじめての花火

野口具秋です。

5歳になったばかりの琴クンが我が家に初めてお泊りです。
部屋から朝霞市の納涼祭り大花火大会が一等席なのです。
生まれて初めての花火見物です。
部屋からは遠く戸田市の花火も見れます。
主賓は夕食を口いっぱいほお張り、
今や遅しとお待ちかねです。
打ち上げはもう直ぐです。

琴クンは、狭い我が家を端から端まで探検して回ります。
片端から引き出し・開き戸を開け、取り出し、
一つひとつワイフ殿の処へ説明を求めに来ます。
もの珍しい物を発見すると抱え込んで暫らく離しません。
ワイフは食事の支度処ではないのです。
5齢児は幼児ではなく
好奇心旺盛な子供になっていました。

「ソーランよさこい」は朝霞の夏の風物詩です。
この季節が近づくと、
あちこちの町内からおはやしが聞こえます。
若いも年寄りも跳ねまくり、踊り狂います。
20歳若ければ「連」に参加したかった。
朝霞の駅は、これだけの人間がいたのかと
思うくらい混雑しています。
浴衣姿の女性が多く目立つのです。

打ち上げ会場から1~2kmです。
大きな音とともにベランダ越しに大輪の花が咲きました。
遠くは戸田の花火もあがっています。
初めて見る音と色と光のページェントに大はしゃぎです。
天空に広がる大玉がさく裂、一際豪華です。
喜び勇んで跳ね飛び、椅子から転げ落ちてしまいました。
貧乏な小さい町です。
たった45分で終了してしまいました。
間近の花火で親の方が大喜び、
来年もやってくるのだそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「はじめての花火」への2件のフィードバック

  1. 野口さん
    おはようございます!
    お孫さん孝行ができましたね!!
    ・・・・・というよりはおじいちゃん孝行かな?
    野口さんの目尻の下がった顔が浮かびます(笑)