優しさは 最高の 「 お も て な し 」

 私が名古屋市役所在職時に アメリカ、ドイツとオーストリアへ研修で行った時の話です。
 研修の目的は、ボランティア団体の調査でした。
 不覚にも研修の2か月程前に自転車で転倒して足を骨折してしまいました。
 どうしても行きたい研修でしたので、松葉杖を携えて、リュックを背負って出かけました。
 私がシアトルのボランティア団体へ行くために乗っていたバスの中で
一人の老婦人が「次のバス停が病院ですよ。」と優しく声をかけてくれました。
 最初はびっくりしましたが、松葉杖を携えた私のことを思って
声をかけてくれたのがわかり、心が暖かくなりました。
 外国でも日本でも、相手を思いやる行動が最高のおもてなしと思いました。

            M1 名古屋の後藤吉正(よしまさ)です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「優しさは 最高の 「 お も て な し 」」への1件のフィードバック

  1. 後藤さん
    おはようございます!
    アメリカは気軽にそうやって他人に声を掛ける文化なのでしょうね。
    日本もそうありたいです。