だんだん、松江

野口具秋です。
 
少し遅れてJR松江駅に到着。
金津嬢と岡田さんがにこやかに迎えてくれました。
レストランでランチの約束です。
お嬢の案内先はでかい門構えの和造りの見事な構えです。
宍道湖を借景に石庭が設えられた席に案内されたのです。
ほどなく静々と豪華な膳が運ばれてきました。
これは今日の驚異的な松江の日長のプロローグの初めでした。

矢部さんが緊張気味ながら
順調にヒアリングが進行しています。
長岡塗装店です。
優しげな古志野社長と常務の純子夫妻の話に
引き込まれています。
社員の子育て・介護支援に尽力されています。
一昨年から制度化された時間単位の有給休暇を
既に02年から取り入れています。
5人のお子さんのある社員もいるのです。
社員への優しさに満ち満ちているのです。

カウンターがメインの大皿料理の店に行きました。
沢山並んだお皿は端から端まで2列あります。
30皿はある。亀の足を初めて食べました。
天下の蜆料理、地産野菜…。地酒を冷やで。
金津さんが女優の太地喜和子のように
豪華にいけるとは知りませんでした。
4人で大盛り上がりです。何本飲んだのでしょうか。
朝、前屈みになると、
そのまま頭から倒れそうになります。

その後の記憶はあまり定かではありません。
4人でスナックで出前のラーメンを2つ食べたのと、
矢部さんと岡田さんが酔っぱらって寝込んでいました。
マスターがホテルに運んでくれました。
午前3時でした。
朝、出雲そばと水、ジュース、コーヒー、
しじみの味噌汁でした。
2人の起床を手助けをしました。
無事だったのかな。
金津嬢は声が枯れていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です