喜ばれる

M2 村田光生 ピンチヒッターです。

「自分も周りも共に幸せ」、「まず周りに良くすると倍になって返ってきます」

小林正観さんの本はとっても読みやすく読み直す度に色んな気付きがもらえますが、「喜ばれる」もその中の一つ。

今この瞬間、何も起きていないことこそが、神様からの最高のプレゼントだし、これに気がついたら、「打ち出の小槌を手に入れたことになる」と。

「ありがとう」を言えば言った数だけ、それを言いたくなる現象が降ってくるけど、「痴や泣き言]をいっていると、同じ数だけそれを言いたくなるような現象が降ってくる。

今、この瞬間、「何も無いことに感謝することが理解できる人」は、24時間感謝の気持ちになることができ、感謝の言葉を言った分だけ、それをいいたくなる現象がまた起きる。

その反対も然り、さて、「感謝の善循環」にしていくのか、「不満の悪循環」にしていくのか、答えは明白ですね。


小林静観著 「喜ばれる」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です