事業承継の肝

9月14日(日)、誰もいない自社ビルの3階で、この会社の創業社長(65歳)、息子の取締役(30歳)と私の3人で長期事業承継計画について話し合いました。
父と息子の間の独特の空気感で、普段は向かい合って話し合うことが少ない二人の間に、私が触媒となって話を進めます。

途中、話題はあちこちに寄り道・脱線し、談笑しながら将来の輪郭を情報共有していきます。創業時代の社長と奥さまの苦労話や、「何のために生まれてきて、何のために仕事をしているのか」など本質的で根源的なテーマについて話し合った後、後継者のオモイについて後継者本人が語り始めました。

後継者は、顔面を紅潮させ涙ながらに「私は仲間(従業員)を命がけで守ります」と言い切りました。社長も私も涙を禁じえません。事業承継の成否基準は、承継後30年経てその会社が隆々としていること。成功の最大要素は後継者の覚悟です。

私はこの息子のオモイに一肌も二肌も脱ごうと決めました。私にとって仕事の最大報酬は、感動の涙です。

今日一日、皆さまにとって、素敵な一日になりますように。

春木清隆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「事業承継の肝」への1件のフィードバック

  1. 春木さん
    おはようございます!
    少子高齢化社会になり、市場が縮小する中、生き残って行くということは本当に大変なことだと思います。
    春木さんの指導によっていつまでも生き残れる企業となりますように!