世紀の日もご縁の一つ。でも大きいご縁でした。

法政大学大学院、坂本光司研究室のブログ、金曜日担当の修士1年の知野 進一郎です。

23日に世紀の「人を大切にする経営学会」がスタ-トしました。500名弱の皆様に参加していただき感謝いたします。私も世紀の瞬間に立ち会わせていただき感動しました。

当日と翌日の企業視察、私は新宿区の株式会社 日本レ-ザ-さんを訪問させていただきました。両日の会場の雰囲気は初めて感じるものでした。「我欲・私欲がない」「すべて受け容れる」「真剣に学ぶ」のような方々の集まりでした。

一昨日のブログにもありましたが、70名のゼミ生も支援させていただきました。先週の土曜日と当日の打ち合わせだけでしたが、さすが社会人学生、海千山千の方々が自分の担当以外も必要に応じて支援していました。

私は、事例発表が主担当で、受付前のエレベ-タ前でお客様をご案内させていただきました。その時も、会場に入ってからも何人もの方々からご挨拶をいただきました。昨年5月末の定年退職まで36年間お世話になった株式会社TKCさんの後輩にも参加していただき嬉しかったです。

今年の4月に入学して世紀の時に立ち会えた幸運に感謝する、と同時にゼミ生みんなが感動して涙した坂本先生の服部さんの紹介。服部さんは世紀の一瞬に立ち会うために久々に坂本先生、ゼミ生に元気な姿を見せました。

3名の副大臣・政務官を始め挨拶をされる方々が全員、坂本先生の人を大切にするを体験し理解されていました。ベスト・ロングセラ-の日本でいちばん大切にしたい会社も当初は売れなかったようです。私は12年前にTKC中部会事務局長を務めさせていただいた時に坂本先生の講演を2回聴かせていただきました。それから何冊かの本を読ませていただきました。(現在は約90冊の本があります。)坂本先生の授業があることを知っていましたが、平日に愛知県から東京までは無理とあきらめていました。

テレビ寺子屋で大谷由里子先生を知り、とにかく講演を聞きたい一心で台本塾に参加しました。そこでは、知りませんでしたが易経の大家・竹村亜希子先生(私は姐御と呼ばせていただいています。笑い)とのご縁もいただきました。大谷先生のブログを見ると坂本ゼミ生!聞くと土曜日が主で静岡にもサテライトキャンパスがあるとのこと。昨年の10月5日に公開ゼミがあると教えていただき参加しました。なんとエレベ-タの中で坂本先生と会いました。

23日の記念講演の藤沢久美先生、人を大切にする7つのポイントを挙げられました。見事ですね。7つ目は感謝をすること。人生は人との出会いと言います。私は人との出会いと大宇宙・大自然に感謝をすることが大切だと思っています。10数年前から起床時・就寝時に「大宇宙・大自然、亡くなったお父さん・お母さん・・・ありがとうごさいます」と感謝しています。2~3年前から不思議なことが起こっています。一昨日も大切な方の入院されているお父さんの熱が下がったと聞き嬉しいです。自分の回りの人が幸せを感じていただく、私の喜びが続いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「世紀の日もご縁の一つ。でも大きいご縁でした。」への1件のフィードバック

  1. 知野さん
    おはようございます!
    知野さんはとっても勉強家だと思います。
    60歳を超えてもなお、前向きに歩もうとする姿は素晴らしいです。
    お互いに前向きに!!
    色々と教えてください(^^)