女性平均年齢47歳、女性管理職比率7割超

研究生の笹尾佳子です。

弊社は、首都圏で在宅介護をやっています。(従業員は、常勤スタッフが450名、非常勤850名)
女性比率が8割で、管理職比率がH18年には、19%でしたが、今年は、72%です。2年以内に性差ない状態の8割にしたいと思っています。
女性の平均年齢は47歳で、離職者が少ないので、1年ごと平均年齢が1歳ずつ上がってきています。(早く新卒採用を開始しなければいけません。)

子育て業務が楽になった主婦の方が中途入社されるケースが多いのですが、就労経験も少なかった方も多く、
その方たちに管理職業務をやっていただくためには、マネジメント業務を標準化して、誰でもできるようにしていくことが大切だと思っているのですが、管理職業務は特殊な業務だと思われる方が多く、セミナー等でお話しても、皆さんんになかなか、理解されません。

私の研究テーマである「マネジメントの標準化と業績との相関関係」を追求し、普通より少しがんばる女性たちが
当たり前にえらくなっていく日本をつくりたいなあ!って、大手企業各社が掲げ始めた女性管理職比率をメディアで拝見するたびに思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「女性平均年齢47歳、女性管理職比率7割超」への1件のフィードバック

  1. 笹尾さん
    こんばんは!
    以前、100の指標でお話伺いました。
    大変な苦労をされて、今のようにされたとのこと。
    思いが実現しますように!!